間違い探し英語リスニング

間違い探し英語リスニング

「間違い探し英語リスニング」とは、簡単に言うと
人間の集中力を極限まで引き出し、通常の何倍ものスピードで
英語を覚えることができてしまう勉強法です。

「え!?集中力?自分は集中力が無いから、そんな方法は絶対無理だ!」
「昔から飽きっぽくて英語の勉強とか長続きしないから・・・」

もしあなたがそう思われているとしたら、ご安心ください。

「間違い探し英語リスニング」は、どんなに集中するのが苦手な人でも
簡単に集中して英語学習をすることが出来てしまう方法なのです。

いや、「誰でも簡単に集中できる方法」と言うよりはむしろ
「どんな人でも集中せざるを得ない方法」と言った方が良いでしょう。

「ん?『集中せざるを得ない』ってどういうこと?」

そうなのです、この方法は「簡単に集中できる方法」ではなくて、
「どうしても集中せざるを得ない方法」なのです。

ではその「集中せざるを得ない方法」とは一体どんな方法なのでしょうか?

キーワードは「間違い探し」です。

簡単に言うと「間違い探し英語リスニング」とは、英語に「間違い探し」を組み込んだ方法なのです。
なぜ「英語の間違い探し」で「誰でも簡単に集中」できるのでしょうか?

例えばあなたは、雑誌などでイラストの「間違い探し」をやったことがありませんか?

2つのイラストが左右に並んでいて、一見していると全く同じに見えるのですが
良く見てみると微妙に違う部分があるという、例のゲームです。

例えば、次のイラストを見てください。

・・・どんなイラストだったでしょうか?
「は!?馬鹿にしてるのか?女の子と木の上に猫がいるイラストだろう」
と思われると思います。失礼しました、その通りです。

では次に、以下の2つのイラストを見て下さい。

さっきのイラストと同じに見えますが、
実は2つのイラストには、3つの間違いが隠されています。
雑誌などによくある「間違い探し」と同じですね。

実際にどこに「間違い」が隠されているか、じっくり探してみてください。

・・・さて、3つの間違いは見つかったでしょうか。

実はこれは「間違い探し英語リスニング」を理解するうえで非常に重要な作業ですので、
面倒だと思っても実際に間違い探しをやってみてください。

・・・では、間違い探しの「正解」をお教えいたします。

さて、一番最初にイラストを見たときは、さらっと流し見して
「ああ、女の子と猫の絵だな」
ぐらいにしか思わなかったと思います。

ところが、いざこの「間違い探し」になると、一体どこが間違っているのか
目を皿のようにしてイラストを見つめ、
「あれ、間違いはどこだろう?髪の長さかな?葉っぱの数かな?猫の尾の線は何本だ?」
といった具合に、それまで気にしなかった部分まで真剣に見入ってしまいます。

逆にいうと、「間違い探し」をしていると真剣にならざるを得ません。

それもそのはず、ボーっと見るだけでは間違いなど探し当てることができないからです。
だからこそ、真剣に集中して見つめてしまうのですね。

そしてこの「イラスト間違い探し」の原理を、そのまま英語に応用したのが「間違い探し英語リスニング」なのです。

ページ上部へ